食物の性質

yakuzen

漢方はバランスを重じる医学です。

ある傾向が強過ぎても弱過ぎてもバランスは悪くなります。

人聞の体質にバランスをとりもどすには、そういう性質の食物をとれば良いということで、長い間の経験から食物を分類しました。

これも陰陽で分けられているのが特徴です。

まず温涼別を見てみましょう。

温性食物とは、多少例外はありますが、交感神経を興奮させる食物で、緊張、興奮、充血、炎症などを引きおこします。

うなぎ、うに、牛肉、生姜、ニンニク、ねぎ、りんご、酒などが温性食物に分類されます。

涼性食物は、副交感神経を興奮させ、無気力、沈滞、貧血、冷え症などを引きおこすと考えられる食物で、玄米、小麦、そば、蜂蜜、あずき、牛乳、ほうれんそう、アスパラガス、きゅうり、トマト、柿、のり、昆布、しよう油、塩、茶などです。

温性でも涼性でもない食物は平性食物と呼ばれます。いか、山いも、ゴマ、鯉などがこれにあたります。

もう一つの分類は補瀉別です。

多少の例外をゆるせば、補性食物とは造血作用を強化させる食物で、うなぎ、うに、牛肉、生姜、玄米、小麦、鯉、りんご、山いも、蜂蜜、どじょう、酒などがこれに入ります。

瀉性食物は、これも多少の例外はありますが、排池作用を強化する食べ物と考えられます。これに属する食品は、あずき、かに、せり、にら、ほうれんそう、ごぼう、コーヒー、茶、アスパラガス、ぴわ、昆布、しょう油などです。

良いと言われる玄米やニンニクも体質に合わなければ逆効果です。

よく自分の体質を見極めて食物を選ぶことが大切です。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.