生薬の薬効と成分(3)

yakuzen

薬膳料理が健康によいのは、単に生薬による薬効によるものではありません。栄養学では今のところ取り上げられてはいませんが、食べ物にある薬理効果を十二分に使うことからひきだされたものなのです。

・拘杞子 : ナス科の低木クコおよびナガバクコの果実

〔成分〕ベタインおよび紅色色素
〔薬効〕強壮薬として肝腎を滋補し、虚脱、無力感、めまいなどに用いる。

・胡麻子 : ゴマ科のゴマの成熟種子を乾燥させたもの

〔成分〕脂肪油
〔薬効〕滋養強壮、粘滑、解毒

・紅花 : キク科のベニバナの管状花

〔薬効〕婦人病、冷え症、更年期障害などの血行障害の治療に用いる

・荻苓 : サルノコシカケ科のマツホドの菌核

〔成分〕90パーセント以上がブドウ糖からなる多糖体、他にエルゴステール
〔薬効〕鎮静、利尿

・当帰 : セリ科トウキおよびホッカイトウキの根

〔成分〕各種フタライド類およびクマリン類、ステロール、ビタミン類
〔薬効〕貧血症、腹痛、更年期障害

・金針菜 : ユリ科のホンカンゾウの花蓄を乾燥させたもの

〔成分〕鉄分が多い
〔薬効〕貧血の妙薬として有名

・黄柏 : ミカン科のキハダの樹皮

〔成分〕アレカロイド(主成分ベルベリン)苦味質類
〔薬効〕苦味健胃薬、黄疸や腸内突起に良い。洗眼、ねんざに外用する

・葛根 : マメ科のクズの根の外皮を削ったもの

〔成分〕イソフラボン配糖体、でん粉
〔薬効〕発汗、解熱、鎮痛薬として風邪のときの肩こり、こりなどの急迫症状を解く

・髪菜 : ネンジュソウ科、清流水に棲息

〔成分〕ミネラル豊富、カルシウム、鉄、リン
〔薬効〕造血作用、髪の毛に似ている事から育毛に用いられる

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.