生薬の薬効と成分(2)

yakuzen

薬膳料理が健康によいのは、単に生薬による薬効によるものではありません。栄養学では今のところ取り上げられてはいませんが、食べ物にある薬理効果を十二分に使うことからひきだされたものなのです。

・豆鼓 : マメ科のダイズ(とくにクロマメ)の種を発酵させたもの

〔成分〕脂肪、タンパクなど
〔薬効〕消炎性健胃、消化、解熱、発汗薬として熱病の初期に用いる

・赤小豆 : マメ科のアズキの成熟種子を乾燥させたもの

〔成分〕結晶性サポニン、色素、植物ステロール
〔薬効〕緩和性解毒、利尿

・大ソウ : クロウメモドキ科のナツメの果実

〔成分〕糖、粘液質、リンゴ酸、酒石酸
〔薬効〕緩和、強壮、利尿、鎮痛

・龍眼肉 : ムクロジ科のリュウガンの仮種皮を半乾燥したもの。

〔成分〕糖類、有機物、アミノ酸
〔薬効〕鎮静、滋養、強壮薬として貧血、健忘症、不眠などに用いる

・陳皮 : ミカン科のウンシュウミカンの果皮(真の陳皮は橘皮の年を経たもの)

〔成分〕精油、フラボノイド配糖体、ペプチン
〔薬効〕欲不振、嘔吐、咳瞰など

・桃仁 : バラ科のモモおよびノモモの種子

〔成分〕脂肪油、アミグダリン
〔薬効〕消炎性駆悪血薬として、下腹部の満痛、腹部の停滞、月経不順などに用いる

・蓮子(蓮の実) : スイレン科のハスの成熟果実を乾燥したもの。さらに殼をはぎとったものを蓮肉という

〔成分〕タンパク質、脂肪、炭水化物、カリウム、リン、鉄、アルカノイドを含む
〔薬効〕鎮静、滋養強壮

・菊花 : キク科のキクの頭状花

〔成分〕香気成分、炭水化物
〔薬効〕解熱、解毒、鎮痛、消炎

・百合 : ユリ科のハカタユリ、イトハユリ、オニユリ、ヒメユリなどの鱗茎の鱗片を乾燥したもの

〔成分〕でん粉、脂肪、タンパク質
〔薬効〕消炎、鎮咳、利尿、鎮静薬

・杏仁 : バラ科のアンズおよびホンアンズの種子

〔成分〕青酸酸糖体アミグダリン
〔薬効〕利水、鎮咳薬として浮腫、ゼンソクなどに用いる

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.