栄養を逃がさない調理法

yakuzen

・野菜

野菜はビタミンやミネラルが多く、アレルギーも起こさない素晴しい食品ですが、せっかくの栄養素がすぐに壊れてしまう欠点を持っています。必ず新鮮な物を選ぶこと。

ビタミンCなどは水に溶けやすいので。手早く洗うこと。根や皮もなるべく捨てず、ビタミンが溶け出た煮汁も全部飲むようにしたいものです。

加熱する場合、一番損失が少なくてすむのは炒めたり蒸したりすることです。焼いたり油で揚げたりするとビタミンA、Bなどが案外多く失われます。

また野菜には色やかおりで食欲を刺激し消化を助ける働きがありますから、盛りつけにも気をくばるようにしたいものです。

・肉類

肉類は長い時間加熱してもビタミン以外の栄養、タンパク質や脂肪は失われません。うまみが外に逃げださないよう高熱で外を焼き、そのあとじっくり調理する方法をとることが大切です。

カロリーの気になる方は、ゆでて余分な脂肪を溶かし出してから食べると肥満防止に役立ちます。

・米

米をとぐときは、胚芽部分を取ってしまわないようにそっと洗います。(できるだけ六分づき、三分づきの米を使用)とぎ終ったらすぐ火にかけるようにします。とぎおきはいけません。

・他に

揚げものをする時は新しい油を使いましょう。植物性の油はコレステロールをとってくれますが、すぐ酸化して中毒さえ起こしてしまうことがあります。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.